これからの時期、空気が乾燥し、加湿器が欠かせない人もいるのではないでしょうか。加湿器は汚れに気づきにくく、掃除を怠ると水垢や臭い、カビが繁殖したりする可能性があるので、こまめなお手入れが必要です。 今回は加湿器の掃除方法をご紹介したいと思います。

画像①

●加湿器の汚れの原因は? 加湿フィルターやタンクについてしまう赤茶色や白い固まりが水垢です。水垢の原因は、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分です。それが時間をかけて固まったものが水垢となります。 また、加湿器を掃除せずに使っていると内部に雑菌が発生してしまう可能性があります。掃除せずに加湿器を使用すると雑菌も一緒に部屋にまき散らしてしまいます。その際、肺炎などの症状を引き起こしてしまうこともあるので、子どもや高齢者は特に注意する必要があります。 ●掃除する箇所と掃除方法 〇フィルター ①フィルターのホコリを掃除機で吸い、水でゆすいで汚れを落とす。 ②バケツに40度以下のぬるま湯を入れます。入れた水の量に対して1割くらいのクエン酸を溶かす。 ③フィルターを30分~2時間くらい浸しておく。 ④まだ汚れが残っていた場合は軽めにこすって取る。 ⑤フィルターを取り出し、水でしっかり流す。 ⑥フィルターをタオルなどで拭き取り、完全に水気を取る。 画像② 〇本体 ① バケツに40度以下のぬるま湯を入れます。入れた水の量に対して1割くらいのクエン酸を溶かして、加湿器のタンクに移します。 ②加湿器を約30~60分間作動させます。 ③タンクと加湿器の底に残ったクエン酸水が冷めたら捨てて、水でよくすすぎます。 〇トレイ ①トレイについてるホコリを掃除機で吸い、水でゆすいで汚れを落とす。 ②バケツに40度以下のぬるま湯を入れます。入れた水の量に対して1割くらいのクエン酸を溶かす。 ③トレイを30分~2時間くらい浸しておく。 ④トレイを取り出し、水で流す。 ⑤まだ汚れが残っていた場合は軽めにこすって取る。 ⑥トレイをタオルなどで拭き取り、完全に水気を取る。 〇タンク ①タンク内を水とスポンジでよく洗う。 ②バケツに40度以下のぬるま湯を入れます。入れた水の量に対して1割くらいのクエン酸を溶かす。 ③クエン酸水をタンクに入れて、一晩放置する。 ④一晩おいたら、タンク内のクエン酸水を水で洗い流す。 ⑤タンク内をタオルなどで拭き取り、完全に水気を取る。 画像③ ●まとめ いかがでしたか?加湿器を綺麗に保つには、タンク内の水を毎日取り換えるようにし、給水するたびにタンク内を綺麗にすすぎましょう。掃除は最低でも1カ月に1回行うのが理想です。 自分や家族のためにも、空気を綺麗に保つために加湿器の掃除は定期的に行いましょう!