家を掃除しているとついつい見落としてしまっていて、ホコリが溜まってしまうなんてことあろませんか?また、気がついていたら水垢で鏡が見えにくくなっていたり、キッチン周りが油でヌルヌルしてしまっていたりしませんか。
そんなついつい後回しにしてしまうポイントをもう一度確認し、きれいを保ちましょう!

●後回しにしてしまう箇所
▼リモコン、スイッチ
掃除するとなると見落としがちな箇所になりますが、毎日触れるものなので、意外と汚れるポイントになります。このような、細かい所の掃除は、綿棒などで掃除しましょう。綿棒は細かい箇所の汚れまでしっかり落とすことができます。

▼ベットの下、カーテンの下
ベットの下や、カーテンの下は目に見えない箇所だったり、手に届かない箇所です。大掃除をしないと掃除をしなかったり、気にしない箇所なのではないでしょうか。
カーテン下は特に見落としがちですが、外からのホコリが入ってくる場所になるのでこまめに掃除しないとそのホコリが、ベットの下に流れ込み、ホコリが溜まる原因になります。
空気の入れ替えをすると同時に、カーテンの下のホコリをチェックしましょう。

▼水回りの水垢
お風呂場や、キッチンは毎日使う箇所になります。だからこそ、水垢の原因になります。水垢は、水道水に含まれるミネラルやクエン酸などの成分が乾燥して固まったものが主な成分です。
なので、使用後は水滴をきちんと吹き上げることを心がけましょう。拭き上げるのに効果的なのが、
・スポンジ
・重曹
・キッチンペーパー
等が挙げられます。このようなものを使って、日々のお手入れを心がけましょう。

▼キッチン周りの油汚れ
毎日料理をするとキッチン周りに油汚れが溜まってしまいます。そのままに頬って置くとフライパンや、お鍋の汚れの原因にも繋がります。
料理が終わったら使った箇所の掃除を心がけましょう。
キッチンまわりの油汚れなどは、
・キッチンペーパー
・ミネラルスポンジ
・お湯
などを使って掃除しましょう。
油汚れは特に、落ちにくく跡になりやすいので気をつけましょう。

●毎日掃除を習慣づけてきれいな部屋を保ちましょう
掃除も、毎日の習慣化することによってきれいに保つことができます。
「後でまとめてやればいいや」、「そんなに気にならないからいいや」などと後回しにしているとどんどんホコリや水垢はどんどん溜まってしまいます。
めんどくさい箇所や、気にならない箇所だからこそ毎日使った後や時間が空いたときに掃除してはいかがでしょうか。