リフォーム前はどんな自宅になるのか楽しみになりますよね。ですが、リフォーム前には段階がいくつかあります!

リフォームの準備段階から完成後までの流れを事前に知っておくことで、よりスムーズに工事を進めることができます。

今回は、そんな工事前にすべきことをお伝えしようと思います。

 【まずは工事までの流れを知ろう】

①どうリフォームしたいかを決める

まずは自宅のどこをどうリフォームしたいのかを明らかにしましょう。

工事をする際は、一度に複数個所を工事することをおすすめします。工事を何回もすればそのたびに工事費がかかります。

②相談・見積もり依頼

「具体的にどうリフォームすればいいかわからない」

「ほかにリフォームすべきところはあるのか」

「いくらかかるのか」

などと心配なこともあるでしょう。そういった相談も含めた見積もりをしましょう。

③現地調査

リフォーム業者は実際にリフォームにどれくらいの期間や建材が必要になるのかを把握するために

現地調査を行います。それまでにはどこをどうリフォームしたいのかを明確にしておかなければ

業者が困ってしまうので気を付けましょう。

④プラン・見積もり提案

実際に見積もりが完成したら、なるべく郵送では受け取らず直接業者とあって受け取りましょう。

理由は、見積もりの内容を施工箇所と照らし合わせながら説明してもらうことで、

業者と依頼人とのギャップを埋めることです。また、金額についても説明があれば納得しやすいでしょう。

⑤契約

簡単に契約を交わすのではなく、複数の会社と比較したり、業者に相談するなどして納得できる

リフォーム会社と契約を交わしましょう。

場合によっては頭金として工事費用の一部を最初に支払うこともあるので、契約内容を今一度確認しましょう。

⑥最終打ち合わせ

最後にプランの修正がないか、工事期間について最終確認を行います。

リフォーム内容によっては工事期間中は住むことができない場合も考えられます。

そのため仮住まいを探す必要があるので気を付けましょう。

 

⑦工事準備

工事が始まるまでに準備・やるべきことはいくつかあります。

1.自宅の掃除・整頓

工事に取り掛かる際に、作業の邪魔になるようなものは整頓しておくか、処分しておきましょう。

業者の方が作業しやすい環境を作ることで工事がスムーズに進みます。

特に物を持ち運びできるように通路には十分なスペースを確保しておきましょう。

2.近隣挨拶

近隣挨拶はリフォーム業者がしてくれることもありますが、そこに任せるのではなく依頼主も挨拶に回りましょう。

挨拶があるのとないのとでは印象がまったく違います。

リフォーム工事では騒音がなったり、臭いが発生することもあります。

また、1日で終わる工事もあれば1か月続く工事もあるので、近隣の方には事情を説明して理解を得てもらいましょう。

 

まとめ

リフォームに取り掛かるまでにはいろいろな段階が存在します。

意外と施工までには手間と時間がかかります。

これらを理解しておくことで、工事までの準備や業者とのやり取りがスムーズに進みます。

計画から準備まで丁寧に行い、良いリフォームに繋げましょう。