みなさんこんにちは!

今回は軒下などで気付かぬうちに繁殖しているシロアリの対策をご紹介します。

シロアリの被害を防ぐことは、家を長持ちさせる秘訣の一つです。

そのためにも、お手入れを欠かさず、シロアリの発生を防ぎましょう。

 

シロアリってそもそも何?

シロアリを実際見たことのある人は、とても少ないのではないでしょうか。 

シロアリとは、木を主食とする昆虫です。普段は木の表面には出てこないため、皆さんが目にすることはありません。 

しかし、実は地球上で最も生息数が多い昆虫と言われ、自然界ではシロアリが存在していなければ生態系が成り立たないことがあるほど重要な役目を担っているのです。

シロアリは、セルロースという繊維を食べることで栄養を摂っています。

セルロースは木材や木の幹に多く含まれており、シロアリは倒木などを土に還すため、別名、森の分解者と呼ばれています。

また、木を食べるシロアリを黒アリが食べることによって、植物性たんぱく質が動物性たんぱく質に変化します。このことから、自然界の食物連鎖においても重要な昆虫とされています。

ですが、そんな自然界では必要とされているシロアリが、私たちの住む木造住宅にとっては厄介な天敵となってしまうのです。

 

自分でできるシロアリ予防

皆さんが気軽にできることは、家の周囲を点検することです。

とても基本的なことですが、見過ごしてしまうと、シロアリ被害を拡大させてしまうかもしれないので、一度チェックしてみてください。

〇床下

床下は、もし潜ることができるなら、入ることをお勧めします。ダイニングにある床下収納庫を上げる又は、畳を上げて床板を外すことで、床下に入ることができます。

ただし、床を上げて確認するだけでも点検できることがあります。

無理は禁物です。

自信がある人に限り、汚れてもいい厚手の服や靴、軍手、帽子や懐中電灯、ドライバーを準備して床下に入ってみましょう。

〇屋根

二階の窓から一階の屋根を見るなどして、

屋根を点検してみましょう。瓦屋根・金属製の屋根といった材質によってもチェック箇所が異なるので、あなたの家にあった項目で確認してみてください。

 

まとめ

シロアリは土の中や木材の中で生息していることも多いので、皆さんが見て気付くことは難しいかもしれません。

ですが、シロアリがいるかどうかは、実際見てみないとわかりません。

だからこそ、日ごろから予防を意識してみてください。

 

もしもシロアリなどの被害にあったときは、害虫駆除はもちろんですが、リフォームについても考えなければなりません。

そんな時お役に立てると思いますので、困ったら▼をクリックしてみてください!

             http://kogagumi.xsrv.jp/test/